読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぱぱちんのオシリは毎日が大騒ぎ!

つま一人、こ一人。 高校生のときにキレ痔を発症。 爾後30年、ベンピがこれまた超ヒドく、まいにちトイレでモン絶中!

ベンピ日誌(29年2月27日)

もう、便秘とは、35年の長きにわたるつきあいです。

 

今朝は6時に起床、いつもの缶コーヒーで、すぐに便意が来ました。


平成29年2月27(月)のオシリの具合

f:id:papa-chin:20170227074159j:plain

総合判定:S(優良)
------------------------
回数/時間:朝1回/5分
するりと出たか:おおむね優しいウンチだった
便の形/固さ:豆腐ていど、途中ですこしコロコロ感あり
便の量:ふつう
便の色:緑がかった黄土色
便のにおい:あまりなし
排便時の痛み:なし
出血有無: なし

前日の食事:
  ※食事のさいには、たくさんの水分を摂っています。
 朝)
  ひじき大麦玄米ごはん、みそ汁(わかめ)、自家製ぬか漬け、なっとう
  ビフィズス菌+ミルクオリゴ糖サントリー
  酸化マグネシウム錠剤1
 昼)
  焼きそば(キャベツたっぷり、もやし、豚肉)
  酸化マグネシウム錠剤1
 夜)
  ナッツ、チーズ、ドライいちじく、プチトマトとキュウリのサラダ、
  キャベツとマッシュルームのアヒージョ、カキフライ・エビフライ、
  メンチカツ、ウイスキーシングル5、6杯
  酸化マグネシウム錠剤1

前日の運動:
  日曜大工2時間
------------------------

けさは、驚いたことに、出始めから豆腐ていどの柔らかウンチで、途中、少々コロコロ感があったものの、問題なく出し切ることができました。

要因を推測するに・・・

このところ、食物繊維錠剤(難消化性デキストリン)と、酸化マグネシウム錠剤の飲み方を変える、実験をしています。

のむ錠剤の数が同じとすると、食物繊維錠剤だけでは、健康的なウンチにはなりますが、やや固いですね。

酸化マグネシウム錠剤の場合は、それにくらべ柔らかくなります。なんとな~く不自然感がともないますけど。

そして、これまで、酸化マグネシウム錠剤を3錠、食物繊維の少ない夕食前後にまとめて飲んでいましたが、昨日はこれを朝・昼・晩の、各1錠にしてみました。

いつも朝食は、ふつうであれば食物繊維過多なメニューですので、ここに酸化マグネシウムまで追加するのはどうかな?と思っていましたが、結果的には、翌日のウンチ出はじめが柔らかくなり、オシリの穴的にはものすごーく楽でした。

と、いうことで、総合判定は初の、”S(優良)”としました。

 

・・・いやぁ~、ここまで長かった!

いちにちの、半分くらいは、考えていることが便秘と切れ痔です。

では。