読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぱぱちんのオシリは毎日が大騒ぎ!

つま一人、こ一人。 高校生のときにキレ痔を発症。 爾後30年、ベンピがこれまた超ヒドく、まいにちトイレでモン絶中!

ベンピ日誌(29年4月6日)

もう、便秘とは、35年の長きにわたるつきあいです。

ほんじつもご来訪いただき、まことにありがとうございます。

 

きのうからなんとなく風邪っぽく、喉がヒリヒリと痛みます。

けさは7時に起床しましたが、朝の缶コーヒーでも、牛乳を飲んでも、朝食を摂っても、便意がきません。

ストレッチ体操をして、「さあスーツに着替えをしようか」という、自宅を出る15分ほどまえに、遅れてきた便意がやってきました。

 

平成29年4月6日(木)のオシリの具合

f:id:papa-chin:20170305093436j:plain

総合判定:C(問題あり)
------------------------
回数/時間:朝1回/10分
するりと出たか:レシカルボン坐薬にすがる
便の形/固さ:柔らかいバナナていど
便の量:そこそこ
便の色:茶色~黄土色
便のにおい:あまりなし
排便時の痛み:おおいに違和感あり
出血有無: なし

前日の食事:
  ※食事のさいには、たくさんの水分を摂っています。
 朝)
  キウイ・ヨーグルト(多め)+オリゴ糖、イチゴ、レーズン
 昼)
  ワカメそば
  食物繊維(難消化性デキストリン)錠剤3
 夜)
  玉ねぎとトマト・ウインナーのスープ
  鶏の照り焼き、アボガドサラダ、白ご飯
  (風邪っぽくて飲酒なし)
  食物繊維(難消化性デキストリン)錠剤3、酸化マグネシウム錠剤3

前日の運動:
  簡単な室内ストレッチ、通勤での徒歩20分
------------------------

けさは、通勤で自宅を出る15分前という、余裕のないところで便意がきましたが、「チャンス到来!」とばかり、焦らずに便意を十分にためて、ウンチがあたま半分、肛門からでかかったところで、トイレに入りました。

さて、マンをジして便座に越しかけようとしたところ、おそらくムスコがしたおしっこが便座に飛散していて、座ることができません。

「ううっ!ムスコのやろー!」

しかも、あろうことか、おしっこを拭いている間に便意が減退し、便座に腰掛けても、ウンチの生命反応がなくなりました。

「ああっ!もう時間がないっ!」

ここで、究極の選択を迫られました。

(A)このままウンチをあきらめてカイシャにいく。
(B)なんらかの方法で、ウンチを強制排出する。

ど、とちらも、イバラの道が待っていそうです。

 

(A)の場合、カイシャにいってしまうと、経験的に、おそらくもうその日はウンチはでません。

そのため、明日の朝には、げんざい肛門の内側にいるウンチがカッチカチに硬化して、それはそれは排出に大いに苦労する、総合判定C以下になることが確定します。

 

では、(B)の、なんらかの方法で、ウンチを強制排出するか?

「チチチチ・・・」
迷っている間も、時間はどんどん、過ぎていきます。

強制排出とはいっても、おそらく無理やりフン張ったところで、オシリの穴が張り裂けるだけです。

「もう、あいつしかない!」
そう、「レシカルボン坐薬」です。

坐薬を挿入してガマンすること5分、もともとすぐそこにウンチが居たこともあり、ありがたいことに「ブリッ」と元気なウンチが飛び出してきました。

いつもありがとう、レシカルボン坐薬ちゃん。

しかし、坐薬の使用はできれば避けたいものですな。総合判定は、”C(問題あり)”ですね。

あれ?

いまになって、「便座がよごれていてもまずウンチをする、その後で、よごれたオシリを洗うようにすれよかったのでは?」と気が付きました。

 

お粗末でしたっ!