読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぱぱちんのオシリは毎日が大騒ぎ!

つま一人、こ一人。 高校生のときにキレ痔を発症。 爾後30年、ベンピがこれまた超ヒドく、まいにちトイレでモン絶中!

デトックスウォーターをためしてみたぞ!

もう、便秘とは、35年の長きにわたるつきあいです。


いやぁ、きょうもウンチがでません。

といいますか、朝から夜まで、待てど暮らせど、便意が来ませんな。

人為的に便意をもよおす方法として、カンチョウがありますが、これはオシリの穴に刺激を与えますので、できれば避けたいです。

ほかに、便意を引き起こす方法をしらべていたら、デトックスウォーター」なるものを発見しました。

デトックス(detox)」とは何ぞや、というと、Wiki先生いわく、「体内に溜まった毒物を排出させることである。この呼び名は "detoxification"、解毒の短縮形で・・・」とのこと。

デトックス方法の一つとして、塩水洗浄(ソルトウォーターバッシング)というものがあるようです。
これは、生理食塩水と同じ濃度の塩水は、飲んでも体内に吸収されないため、胃から小腸、そして大腸まで直通し、便意を誘発,かつ、たまっている便に水分を与えるという、まさにぱぱちんにうってつけの方法です。

この塩水として使うのが、ミネラルウォーターに天然塩とレモンなどを混ぜた、「デトックスウォーター」というもののようです。

デトックスウォーター」で調べると、レモンだけでなく、キュウリやその他、ダイエット目的でいろいろレシピがあるようですが、塩水洗浄を目的とした場合は、レモンは味付けに過ぎず、水道水は多飲するにはまずいため、一般には「ミネラルウォーターに天然塩とレモン」で作ることになっているようです。
なぜ天然塩かは疑問ですが、生理食塩水と同じにするには、厳密には0.9%の濃度にすることになります。
また、胃や小腸に物が詰まっていると、大腸まで行き届きませんので、飲む時間としては、ふつうは朝イチが指定されます。

で、「デトックスウォーター」つくってみました。

f:id:papa-chin:20170124225733j:plain

(水500cc、塩(食塩)小さじ1/2、レモン半分)

つくって3時間で、けっこう酸っぱくなりましたが、レモンがもったいないので、飲む前にさらにフォークでブスブスと突き刺して、果汁を取り出しました。

夕食前ですが、飲んでみました。

いま、飲んで30分ほど経過しましたが、冷たいお水を一気に飲んだためか、少々おなかが痛いです。

でも、まだ腸には変化はありません。

500CCじゃ、足りなかったかな?

 

・・・3時間経過。

やっぱ、ダメでしたね。

また明日のあさ、試してみます。