読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぱぱちんのオシリは毎日が大騒ぎ!

つま一人、こ一人。 高校生のときにキレ痔を発症。 爾後30年、ベンピがこれまた超ヒドく、まいにちトイレでモン絶中!

ぱぱちんのベンピの履歴(その四)

もう、便秘とは、35年の長きにわたるつきあいです。

 

ぱぱちんは、会社員になってから、25年以上たちます。

 

20代のころは独身で、食生活もだいたいインスタントかコンビニ、生活習慣も夜型で不規則、とうぜん便秘もおおく、キレることも多かったですが、まだキレ痔もそこまで重症ではなく、あまり深刻にもならず、なんとかなっていました。

 

でも、この食生活と生活習慣で、潰瘍性大腸炎を発症したのは自業自得でした。

 

30代になると、結婚したこもあり、食生活、生活習慣とも若干は改善されましたが、便秘・キレ痔とも、手を焼くことが多くなりました。

 

そして、30代後半になると、排便時に大苦戦するようになります。

ウンコは、肛門さんの裏手まできているのですが、「超高密度ベンピ便」のため、アナに対してモノの方が大きくて固いので、ふんばっても出ません。

ふんばりすぎるとキレるのですが、キレてもなお出ないほど、モノが大きく、固いのです。

もう、全身から冷や汗が噴出します。

 

最初がいつだったか、記憶が定かではありませんが、ある日の排便でどうしようもなくなって、肛門さんにゆびを突っ込んで、ウンコを掻き出しました。

あとから知ったのですが、この行為を「摘便」といいます。

 

摘便慣れした今でも、できるならやりたくないですし、2,3日続けてやろうものなら、はり酷いキレ痔はになることは裂けられ・・・避けられません。

 

また、摘便すると、肛門周辺は汚物にまみれ、ゆびが超くさくなり、どんなに洗っても、臭いが取れません。

 

ある日、会社でうんこをしている時に、「超高密度ベンピ便」に遭遇、全神経を肛門に集中してうんこの切り出しをコントロール、ウオシュレットの水攻め(レベル最強)も加えましたが、ウンコ軍団もガンとして譲らず、モノが肛門から出かかったまま、進むことも後に引くこともできず、もう万策がつきたのです。

そこでやむなく、「摘便」を実行にうつしました。

 

確か、肛門はハデに切れて、便器が真っ赤になった覚えがありますが、問題はそれだけでは済みません。

そう、会社のおトイレなので、うんこにまみれた指を、くっさい、臭すぎるユビを、なんとかしなければなりません。

トイレットペーパーでユビについたブツを入念に拭き取り、まず見た目はフツーを装います。

耳を済ませて、便所にほかの人がいなくなるタイミングを見計らって、ダッシュで個室から出て、手を、指を洗いまくります。

 

指のにおいをかぐと、まだそうとう臭いのですが、どうしようもありません。

 

その後、なにくわぬ顔で自席に戻りましたが、トイレで格闘30分、冷や汗にまみれ、憔悴しきった様子に、周囲が気づかぬはずもありません。

「なにか聞かれたらどうしよう・・・」とビビった記憶が、いまでも鮮明に残っています。