読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぱぱちんのオシリは毎日が大騒ぎ!

つま一人、こ一人。 高校生のときにキレ痔を発症。 爾後30年、ベンピがこれまた超ヒドく、まいにちトイレでモン絶中!

ぱぱちんのベンピの履歴(その一)

ベンピ現在・過去・未来

もう、便秘とは、35年の長きにわたるつきあいです。

 

とはいえ、便秘の傾向は、ねんれいと共に、変化しつつあります。

えっ?ぱぱちんの便秘の履歴なんて、そんなこと知りたくないって?

いぇいぇ、ぱぱちんはどうしても、語りたいんですっ。

 

便秘を意識しだしたのは、高校生のころ、お通じは三,四日に一度ほどで、排便じたいには、そう苦労した記憶はないのですが、腸にうんこが詰まっていると、オナラがとても臭いんですね。

 

高校生の当時、学校は共学で、男女がペアの席でした。30年以上まえの話です。

 

月に一度、席替えのクジ引きがあり、超好きな子1名、まぁまぁ好きな子約2名、のいずれか3名の女子とペア席になれば、ラッキーです。

確か、男女それぞれ20名くらいずつでしたので、15%くらいの確率で、好きな子以上とペアになれます。

 

ところがナゼか、小早川さん(実名)という、カワイイというよりキレイな子ではあるのですが、そうはいってもぱぱちんのタイプでない子と、何回もペアになるのです。

 

授業中にオナラが出たくなると、ガマンします。

キレイな小早川さんに、オナラを気づかれたくありません。必死に、ガマンします。

 

でも、便秘のオナラは臭いので、おそらくバレていたんでしょうね。

まぁ、とにかく、オナラを苦労してガマンしたことが、高校時代の大きな思い出ですな。

 

小早川さんは、しょっちゅう臭いオナラを嗅がされていたにもかかわらず、「臭い!」とも、「汚い!」とも、「お前あっち行け!!」とも、何もいわずに、授業に集中しているようでした。

今思うと、彼女なりに気をつかっていてくれたんでしょうね。

なんか、30年経ってから、好きになってしまいました。

あの端麗な横顔も、いまになってはスキですね。

 

さて、そんな高校生だったぱぱちんも、当時なりに、便秘の対策を試行錯誤しました。

 

覚えているのが、漢方の錠剤と、玄米食です。

どちらも、最初は甥っ子の便秘を心配した、母方の伯母さんが、田舎から送ってくれました。

 

漢方は、センナ・ダイオウといった、あの独特の匂いのする、刺激性のものだったと思います。

これは確かに効きますが、やはり効き方が急ですので、当時も「体には良くないな」と感じていた記憶があります。

 

次に、「コレは、便秘の特効薬だ!」と思ったのが、玄米食です。

食物繊維が豊富、うんこのカサをゲキ増ししてくれ、便の回数も多くなり、かつスルリと出ます。

でも、こんかい改めて調べてみると、玄米は農薬・残留物などの影響を受けやすいようで、それを解消した「完全無農薬」といった製品は、非常に高価なんですね。

 

さて、そんなこんなで、高校三年生のある日、ついに審判の日「モン絶キレ痔」発症の時を迎えるのです。

 

嗚呼、これから、どうなっていくのでしょう・・・⇒「モン絶のキレ痔が始まった!」